• 古式鍛錬

    三木金物古式鍛錬技術保存会では、毎月第1日曜日に鍛冶の伝統技術を伝えてゆくため、鋸、鑿、鉋、鏝、小刀の製造業者が交代で公開実演を実施しています。 ふいごを使い、古式ゆかしく金物を鍛える古式鍛錬の実演です。
    平成16年12月と17年1月は鑿部会が当番を務めます。
    12月の実演を歌手の鳥羽 一郎 氏が番組リポーターになり、「相づちを打tnの語源を求めて三木市に来られました。
    写真を交えて古式鍛錬の様子をご覧いただきます。


    三木金物神社古式鍛錬場

    地鉄を過熱し小槌でシキを作っている


    地鉄の上に接合材と鋼を乗せている

    小槌で叩き鉄と鋼を仮付け(のたうち)している


    横座(親方)の槌に合わせて向槌を打っている

    鳥羽 一郎 氏に金物の説明をしている


    古式鍛錬の見学

    飛び入りで参加


    古式鍛錬による火作り

    ほぼ鑿に完成しました

    毎月行われる古式鍛錬ですが、今回はNHK「あなたも挑戦!ことばゲーム」(3月11日金曜日20:00〜20:43放映予定)の取材で来られました。
    特に親方の槌に合わし先手が大槌を打つ。
    この事が「相槌を打tnの語源ではないかと訪ねて来られました。
    また、金物資料館の内部や三木市内の取材をされておりましたので、放送が楽しみです。
    毎月実施しておりますので、機会があれば見に来て下さい。
    なお、1月は第2日曜日に変更になります。


    横座:宮脇 正孝 氏     向槌:高田 良作 氏・高橋 亮一 氏     ふいご:宮永 晃 氏

    案内・説明:五百蔵 幸三 氏





    小山金属のTOPへ戻る

    トミネヒコヘナョネヒメサニラネヒーョ/トミネヒオトフフテ/トミネヒコヘナョネヒヤレラミヤハモニオ