• 三木金物まつり「火入式」と古式鍛錬

    今年は三木金物まつりに合せまして、ふいごまつりの火入式を鑿部会が行いました。
    私も式典には御番鍛冶のふいごとして参加させていただき、その後、金物まつりの会場で古式鍛錬を行いました。
    火入式の金物神社では、刃物供養祭も平行して行われました。
    火入式 御番鍛冶 横座:高田 良作 先手:高橋 典三・宮永 晃 ふいご:小山 勝美


    金物神社と資料館

    古式鍛錬所


    火入れの瞬間

    火が入り火力を上げていく


    ほくぼと先手

    今年 鑿部会御番鍛冶


    刃物

    供養祭


    鑿古式鍛錬

    道具の説明


    刃がね伸ばし

    地鉄伸ばし


    鍛接のた打ち

    鍛接

    11月1日8:00より金物神社で、おごそかに神事があり、その火をいただいて8:30より火入式が行われました。また、金物まつりの会場では、ふれあい広場特設古式鍛錬場で10:30〜と14:00〜の2回4組の古式鍛錬が行われ、上の写真は私が先手の時の様子を見ていただいております。
    その他の写真は三木金物まつり2008≠フ記事に掲載いたします。

    横座:高芝 通博 先手:小山 勝美 ふいご:高橋 亮一



    小山金属のTOPへ戻る

    トミネヒコヘナョネヒメサニラネヒーョ/トミネヒオトフフテ/トミネヒコヘナョネヒヤレラミヤハモニオ